私が乳がんになって漢方薬を始める事にした漢方の王様牛黄について紹介します☺

  • 牛黄(ごおう)には心の疲れ、肉体的な疲れに即効性があり、優れた効果を短期間で実感できる漢方薬です。                                                                                            また、強力な抗酸化力(サビない身体.老化防止)もあり続けて服用すれば「全身の新陳代謝を活発にし、慢性回復や虚弱体質の改善」に、大変素晴らしい効果を発揮します。                                                                                                                                          【特徴】                                                                                                                                                                             牛黄(ごおう)は中国最古の薬物書といわれる「神農本草経」に上薬(命を養う薬)として収載されています。「神農本草経」には「久しく服用すれば身を軽くし、天年を増し、人をして忘れざらしめる」薬物とされて長時間服用すれば病中病後の滋養強壮剤として優れた効き目を現すと記されています。                            牛黄(ごおう)とは、胆石症にかかった牛の胆のうや胆管中に稀に発見される「胆石」を乾燥させたものです。牛黄(ごおう)は1000頭から10000頭に1頭の割合でしかとれません。きわめて貴重なものとして古来より、「ゴオウはゴールド(金)より高価」と、いわれる高貴薬なのです。                                                                                                                                   【薬理作用】                                             牛黄(ごおう) には赤血球新生促進作用、抗ウイルス作用、抗酸化作用、鎮痙作用、鎮静作用、強心作用、胆汁分泌、促進作用、抗炎症作用、解熱.解毒作用があります。鎮静、強心、造血作用があり、牛黄(ごおう)は血液を浄化し、血液の流れを滑らかにし、病気の回復と予防にきわめて有効です。